2013年06月25日

名もなき毒 あらすじ

名もなき毒 あらすじ

2013年 各テレビ局の春ドラマもほとんどが最終回を終え

いよいよ夏ドラマの情報がチラホラと入って来ました。

今回は毎週月曜 20:00〜20:54より放送の

小泉孝太郎さん主演ドラマ「名もなき毒」(TBS系)

のあらすじが届いたのでお届け致します。

名もなき毒 あらすじは・・・

今多コンツェルン広報室に勤める杉村三郎(小泉孝太郎)は、会長であり、妻の父でもある今多嘉親(平幹二朗)から、自転車によるひき逃げ事件で亡くなった元運転手・梶田信夫(平田満)の半生記を書こうとしている梶田の末娘・梨子(南沢奈央)を手伝ってほしいと依頼される。

しかし、本の出版に反対する長女の聡美(深田恭子)からは、「父には暗い過去があり、それを妹に知られたくない」と懇願される。

独自に事実を調べ始め、梶田をはねた犯人の目星も立ち始めたころ、杉村や梨子の元に不審な電話がかかってくるようになる。

以上が、名もなき毒 あらすじの紹介でした。

放送開始は7月8日からとなっております。

小泉孝太郎さんファンの方はお見逃しなく!!

★ドラマ情報局では只今QUOカードプレゼントキャンペーン中です。奮ってのご応募をお待ちしております。★



posted by ドラマ情報局 at 14:55| Comment(0) | 名もなき毒 あらすじ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。