2013年06月20日

35歳の高校生 あらすじ 最終回

35歳の高校生 あらすじ 最終回

米倉涼子演じる35歳の高校生が今までの高校の常識や価値観を覆す異色の学園ドラマ




35歳の高校生 いよいよ最終回の放送となりました。

物語はどんな結末を迎えるのか・・・

気になる35歳の高校生 あらすじ 最終回をお届け致します。

亜矢子(米倉涼子)に対する‘魔女裁判’は続行し、正光(菅田将暉)は追及の手をゆるめない。

亜矢子は正光に渡ったノートが母・依子(手塚理美)の日記で、自分がなぜその内容を実現していったのかを打ち明けるが、スパイ容疑が晴れたわけではない。

亜矢子以外の人物も関与しているとにらむ正光は、亜矢子を屋上に呼び出し、誰かと迫る。

そこに現れた阿久津(山崎賢人)が名乗りを上げ、正光にナイフを突き付けた。

阿久津はそのまま正光を連れ教室へ向かい、事態を知った小泉(溝端淳平)も駆け付ける。

以上が、35歳の高校生 あらすじ 最終回の紹介でした。


35歳の高校生の放送は毎週土曜 21:00〜21:54 です。


35歳の高校生 主題歌はFlowerSong/EXILEです。

ご購入をお考えの方は下記のリンクを参考にどうぞ!!

★FlowerSong/EXILE 楽天市場はこちら!!★

★FlowerSong/EXILE Amazonはこちら!!★

★FlowerSong/EXILE Yahoo!ショッピングはこちら!!★

★FlowerSong/EXILE ヤフオクはこちら!!★

★いいね!をクリックするだけでQUOカードが当たるチャンス。一度お試しあれ!!★



posted by ドラマ情報局 at 11:51| Comment(0) | 35歳の高校生 あらすじ 最終回 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。