2013年07月09日

プライベート・プラクティス LA診療所 シーズン1 あらすじ 1話

プライベート・プラクティス LA診療所 シーズン1 あらすじ 1話

太陽とビーチに囲まれた、LAの小さな診療所で織りなすヒューマンドラマ




プライベート・プラクティス LA診療所 シーズン1 いよいよ1話目の放送です。

物語はどんな展開でスタートするのか・・・

プライベート・プラクティス LA診療所 シーズン1 あらすじ 1話をお届け致します。

医学生時代の親友で生殖医療の名医のナオミ・ベネットから誘いを受け、アディソンはシアトルの大病院を辞め、新たな人生とキャリアを築こうとLAへやって来た。

ところが、新しい勤務先である医療共同体“オーシャンサイド・ウェルネス・グループ”に来てみると、ナオミの元夫で共同経営者でもあるサムをはじめ、医師仲間たちは誰もアディソンが来ることを知らされておらず、歓迎ムードとは程遠い雰囲気。

以前、行きがかり上キスをしてしまった代替医療の専門医ピートにいたっては、そのキスが原因で来たのかと勘ぐる始末。

以上が、プライベート・プラクティス LA診療所 シーズン1 あらすじ 1話の紹介でした。


プライベート・プラクティス LA診療所 シーズン1の放送は毎週金曜 22:00〜23:00です。


海外ドラマ ファンの方はお見逃しなく!!
↓↓↓↓↓




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。