2013年06月28日

なるようになるさ。 あらすじ

なるようになるさ。 あらすじ

2013年 各テレビ局の春ドラマもほとんどが最終回を終え

いよいよ夏ドラマの情報がチラホラと入って来ました。

今回は毎週金曜 22:00〜22:54 より放送の

舘ひろしさん主演ドラマ なるようになるさ。(TBS系)

のあらすじが届いたので紹介致します。

なるようになるさ。 あらすじ は・・・

3人の息子がそれぞれ結婚し、早期退職してゆったりとした生活を送ろうと考えていた会社役員の長島大悟(舘ひろし)は、妻の綾(浅野温子)から突然、「自宅を改装してレストランを開きたい」と打ち明けられる。

戸惑う大悟や反対する息子たちをよそに、綾は嬉々として開店準備を進める。

店員として集まってきた内田陽子(志田未來)、大竹昇(安田章大)、中津恵理(紺野まひる)は、いずれもワケありで行き場のない若者たちばかり。

綾は息子が出て行った空き部屋に彼らを住まわせてしまう。

同居する“擬似家族”に、様々な問題が沸き起こるが、いつしか本物の家族のような絆が生まれる。

以上が、なるようになるさ。 あらすじの紹介でした。

放送開始は7月12日からとなっております。

舘ひろしさんファンの方はお見逃しなく!!

★只今QUOカードプレゼントキャンペーン中です。奮ってのご応募をお待ちしております。★



posted by ドラマ情報局 at 11:21| Comment(0) | なるようになるさ。 あらすじ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。