2013年06月25日

救命病棟24時 あらすじ

救命病棟24時 あらすじ

2013年 各テレビ局の春ドラマもほとんどが最終回を終え

いよいよ夏ドラマの情報がチラホラと入って来ました。

今回は毎週火曜 21:00〜21:54 より放送の

松嶋菜々子さん主演ドラマ「救命病棟24時」(フジテレビ系)

のあらすじが届いたのでお届け致します。

救命病棟24時 あらすじは・・・

国立湊大学附属病院救命救急センターの医局長としてチームを率いることになった小島楓(松嶋菜々子)。

彼女は一人でも多くの患者の命を救おうと日々悪戦苦闘する。

腕は一流だが、個性派ぞろいの湊大救命センターの医局員たちは一筋縄ではいかない面々ばかり。

教育方針や運営の意見が合わず、常に衝突する救命医の本庄雅晴(佐々木蔵之介)など、連携が取れずにチームとしてはバラバラだ。

そんな中、病院幹部らは異色の救命医・夏目衛(時任三郎)をチームに迎え入れることを決める。

以上が、救命病棟24時 あらすじの紹介でした。

放送開始は7月9日からとなっております。

松嶋菜々子さんファンの方はお見逃しなく!!

★只今QUOカードプレゼントキャンペーン中です。奮ってのご応募をお待ちしております。★


posted by ドラマ情報局 at 15:21| Comment(0) | 救命病棟24時 あらすじ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。