2013年06月24日

島の先生 あらすじ 最終回

島の先生 あらすじ 最終回

仲間由紀恵・主演による離島の小さな学校を舞台にしたヒューマンドラマ

島の先生 いよいよ最終回の放送となりました。

物語はどんな結末を迎えるのか・・・

気になる島の先生 あらすじ 最終回をお届けいたします。

彰芳(井浦新)と奈美子(青山倫子)が島を出る日が近づいてくる。

子どもたちを引き受けてくれる里親を探して、島内を必死に説得に回る千尋(仲間由紀恵)。

一方、作文コンクールで受賞した留学生の悠哉(今井悠貴)は、海辺である物を発見して驚く。
そんな中、島育ちの咲良(比嘉真麻)が家出をしてしまう。

父親の良太郎(ドロンズ石本)は、アイドルになる夢に反対したからだと思い悩む。

だが、千尋だけは咲良の本心に気付いていた。

以上が、気になる島の先生 あらすじ 最終回の紹介でした。

島の先生 最終回の放送は6月29日(土)21時00分〜22時00分です。

★QUOカードプレゼント開催中です。応募は簡単「いいね!」をクリックするだけ!!★




posted by ドラマ情報局 at 14:29| Comment(0) | 島の先生 あらすじ 最終回 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。