2013年06月23日

めしばな刑事タチバナ あらすじ 11話

めしばな刑事タチバナ あらすじ 11話

佐藤二朗が“めしばな”で犯人らと舌戦

めしばな刑事タチバナ 物語も終盤に入り最終回まで目が離せません。

今回は気になる めしばな刑事タチバナ あらすじ 11話をお届け致します。

男性を殴打した疑いで、小枝子(逢沢りな)の事情聴取をする立花(佐藤二朗)。

小枝子が香川出身と知った立花は、うどんの‘めしばな’を語り始めるが、小枝子は「あなたの一押しはどこの何うどん?」と反抗的な態度だ。

立花を遮り韮沢(小沢仁志)が変化球のうどんの名を挙げると、うどんのコシを楽しみたいから王道が基本だと断言する小枝子。

すると立花は「うどんのコシはなきゃないでいい!」と衝撃発言をする。

以上が、めしばな刑事タチバナ あらすじ 11話の紹介でした。


めしばな刑事タチバナの放送は毎週水曜 23:58〜24:45 です。


★いいね!をクリックするだけでQUOカードが当たるチャンス。一度お試しあれ!!★




posted by ドラマ情報局 at 16:09| Comment(0) | めしばな刑事タチバナ あらすじ 11話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。